簿記の勘定科目 仮払金、仮受金とは?取引、仕訳例わかりやすく 簿記3級独学講座

仮払金(資産)とは、現金や預金などの支出はあったものの、金額や借方側の勘定科目が確定しない場合に一時的に使う勘定科目をいいます。従業員の出張旅費や接待交際においてとりあえずの概算額を仮払いした時に発生します。後日、金額や借方の勘定科目が確定した時に、金額を修正したり、本来の勘定科目へ振替処理します。一方、仮受金(負債)とは、内容や金額が不明な入金があった時に一時的に使う勘定科目をいいます。後日、金額や貸方の勘定科目が確定した時に、金額を修正したり、本来の勘定科目へ振替処理します。仮払金も仮受金も、あくまで一時的な勘定で、できるだけ速やかに決済することが前提の勘定科目です。

電子記録債権、電子記録債務とは?受取手形・支払手形との違い、取引、仕訳例 簿記3級独学講座

電子記録債権とは、国の指定を受けた電子債権記録機関に債権を電子的に記録してもらうことにより電子記録債権法で定められた電子記録債権としての効力が発生するものです。電子債権記録の登録は、相手の承諾を受けた後に、取引金融機関を通して債権者、債務者いずれからも行うことができ、電子記録債権の登録がされると、取引先に通知され、自動で銀行口座を通した決済が行われます。印紙税がかからないことや紛失・盗難のリスクがないこと、債権が分割、譲渡、分割譲渡可能であるなど、手形と比較しメリットが多いことから、手形に代わる決済手段として普及しています。

簿記の勘定科目 未収入金、未払金の取引、仕訳例。売掛金、買掛金との違い 簿記3級独学講座

未収入金も売掛金も債権ですが、両者の違いは企業の主目的の活動により生じた債権か、主目的以外の活動で生じた債権かです。すなわち、商品の売却など企業の営業活動の主目的である取引で生じた債権は売掛金で処理しますが、有形固定資産の売却代金の未収、商品の販売代金以外を後で受け取ることにした場合の未収など企業の主目的でない取引で生じた債権は未収入金勘定で処理します。未払金と買掛金との違いも同じで、両者の違いは企業の主目的の活動により生じた債務か、主目的以外の活動で生じた債務かです。商品仕入など企業の営業活動の主目的である取引で生じた債務は買掛金で処理しますが、有形固定資産の購入代金の未払、商品の購入代金以外を後で支払うことにした場合の未払など企業の主目的でない取引で生じた債務は未払金勘定で処理します。

貸付金、借入金、利息・利子の計算方法、仕訳、会計処理 簿記3級独学講座

事業をしてると資金繰りの関係で銀行などからお金を借りることがありますが、他の企業にお金を貸すこともあります。お金の貸主は貸付金額や貸付期間、返済方法、金利、利払い日、担保、保証人などの貸付条件を書いた契約書を作成し、借主に渡します。契約書の代わりに借主が手形を振り出すこともあります。なお、貸付期間中は金利が発生し、利息の受取、支払が発生します。ここでは、貸付金、借入金、役員貸付金、役員借入金、貸付利息(受取利息)、借入利息(支払利息)の仕訳・会計処理について解説します。

受取商品券(他店商品券)とは?受取商品券(他店商品券)の仕訳 簿記3級独学講座

商品券とは、百貨店や信販会社、自治体などが発行する商品引き換え券やビール券などの金券をいいます。商品券を発行した会社は、商品を販売し商品券を受け取った場合は、商品を引き渡さなければならない義務があるため、商品券を発行した時に商品券勘定の貸方に記帳します(商品券発行会社の会計処理は簿記1級の範囲ですので詳細は割愛します。)。一方、商品券は現金と同じように買い物ができる権利を持ちますが、お客さんが商品券を使い買い物し、他店発行の商品券を受け取った場合、受取商品券勘定(資産)の借方に記帳します。これは、他店発行の商品券を保有することで、商品券を発行した会社に対して商品券の金額を請求できる債権を持つことになるからです。商品券の金額を請求し、資金化された場合は、受取商品券勘定の貸方に記帳します。

手付金(内金)の勘定科目(前払金・前受金)、仕訳 簿記3級独学講座

商品売買において、契約の履行を確実にするために商品の受け渡し前に商品代金の一部または全部を手付金(内金ともいいます)として授受することがあります。この場合、代金を支払った側は、後で商品を受け取る権利(債権)が発生しますので、前払金勘定(資産)で処理します。一方、代金を受け取った側は、後で商品を引き渡す義務(債務)が発生しますので、前受金勘定(負債)で処理します。

売掛金・クレジット売掛金、買掛金とは?会計処理わかりやすく 簿記3級独学講座

売上代金を「後でもらう」ことにしたり、仕入代金を「後で支払う」ことにする取引を掛けによる商品売買(掛け売上、掛け仕入)といいます。掛けによる商品売買が発生すると、取引先との間で商品代金を後で受け取る権利、後で支払う義務が発生しますが、この債権債務を売掛金勘定、買掛金勘定を使い会計処理します。すなわち、売掛金とは、商品を販売し、代金を後で回収することにしたときに発生する債権(将来、代金を回収することのできる権利)で、買掛金とは、商品を仕入れ、代金を後で支払うことにしたときに発生する債務(将来、代金を支払わなければならない義務)です。売掛金も買掛金も、主な営業活動に伴い債権や債務が発生した際に使う勘定です。よって主たる営業に関係しない活動による債権や債務については、未収入金や立替金、未払金などの勘定を使い、売掛金勘定(資産)や買掛金勘定(負債)は使用しません。ここでは売掛金・クレジット売掛金と買掛金の会計処理について分かりやすく解説します。

買掛金元帳(仕入先元帳)の書き方、締め切り方、記入例 簿記3級独学講座

買掛金元帳とは、仕入先元帳とも呼ばれ、仕入先別の買掛金明細を把握するための補助簿(補助元帳)で、総勘定元帳の買掛金勘定の内訳明細となります。そのため、全ての仕入先に買掛金元帳が作成されている場合、買掛金元帳の買掛金残高の合計は総勘定元帳の買掛金残高の金額と一致します。総勘定元帳には基本的に日付と相手科目、金額しか記載されませんが、買掛金元帳(仕入先元帳)には、これらの他、簡単な取引内容や引取運賃、支払条件などが記載されます。ここでは買掛金元帳(仕入先元帳)の書き方、締め切り方、記入例を事例を交えて解説します。

売掛金元帳(得意先元帳)の書き方、締め切り方、記入例 簿記3級独学講座

売掛金元帳とは、得意先元帳とも呼ばれ、得意先別の売掛金明細を把握するための補助簿(補助元帳)で、総勘定元帳の売掛金勘定の内訳明細となります。そのため、全ての得意先に売掛金元帳が作成されている場合、売掛金元帳の売掛金残高の合計は総勘定元帳の売掛金残高の金額と一致します。総勘定元帳には基本的に日付と相手科目、金額しか記載されませんが、売掛金元帳(得意先元帳)には、これらの他、簡単な取引内容や送り状番号、回収条件などが記載されます。ここでは売掛金元帳(得意先元帳)の書き方、締め切り方、記入例を事例を交えて解説します。

商品有高帳(先入先出法・移動平均法・返品・値引き・割戻し)の書き方、締め切り方、売上原価の求め方~簿記3級独学講座

商品有高帳は、商品の受け入れや払い出しの都度、商品の種類ごとに数量・単価・金額を記録して、仕入原価で商品の増加、減少、残高を記録する帳簿です。しかし、同じ商品であっても仕入のタイミングなどにより仕入単価が異なることがあり、仕入単価が異なると、どの商品を販売したことにするかにより払出単価、残った商品の単価が異なります。払出単価の計算方法には個別法、先入先出法、平均原価法(移動平均法、総平均法)、売価還元法、最終仕入原価法、後入先出法などがありますが、簿記3級では、先入先出法、移動平均法が出題対象ですので、ここではこの2つの方法、返品、値引き、割戻しがあった場合の商品有高帳の書き方、さらに売上原価の求め方について説明します。なお、商品有高帳については、会計基準により特定の書き方が決められていません。企業の自由が認められていますので、ここでは一般的な書き方を紹介します。