仕事・スキル一覧

簿記の取引とは?取引の8要素、取引要素の結合関係

企業は所有している財産を最大限に増やすべく、財産を運用し利益を得るための経済活動をし、その経済活動の過程で様々な企業や人と取引を行います。企業の行う取引には、販売契約を結んだり、仕入先に注文したり、建物の賃貸借契約を結んだり、従業員を採用したり、光熱費を払ったり、株を購入したりなど様々あります。簿記の目的は、貸借対照表、損益計算書を作成することで企業の財政状態や経営成績を明確にすることにあるため、企業活動の全ての取引をもれなく記録する必要がありますが、簿記の前提条件の一つである「金額表示」により、企業の活動のうち資産、負債、純資産、収益、費用に増減をもたらす変化だけを取引としています。よって、在庫や備品の盗難による減少は一般的には取引といいませんが、資産の減少をもたらすものであるため簿記では取引となります。また注文を受けたり、仕入の発注は一般的には取引といいますが、商品や製品を届けていない受注の段階、商品や製品が届いていない発注の段階では資産や負債、純資産、収益、費用の増減がないため簿記上は取引となりません。

財政状態とは?財政状態を表すには?貸借対照表の作成方法

財政状態とは、ある一定時点における、現金預金や売上債権、貸付金、有価証券、不動産など会社の所有する財産(資産)と仕入代金や経費の未払、借入金など支払わなければならない義務(負債)、資産と負債の差額として自由に使える財産を表す純資産(自己資本)の状況のことです。すなわち、何をいくら持っていて、誰にいくら返さなければならないか、その結果として自由に使えるお金はいくらなのかということです。これを資金の調達、運用面からいうと、事業に投下した資金をどこから、どのように受け入れ(負債、純資産)、資金をどのようなものに使っているか(資産)ということになります。純資産=資産-負債という等式が必ず成り立ち、簿記ではこの等式を資本等式とよんでいます。

経営成績とは?経営成績を表すには?損益計算書の作り方

経営成績とは、事業活動によりいくら収入があり、その収入を得るためにいくらの費用がかかり、その結果いくらの利益が得られたのかをいいます。この利益は収益から、収益を得るために犠牲となった費用を控除することにより表されます。収益-費用=利益(マイナスの時は損失)また経営活動を一定期間に区切り、計算した今年度の利益を当期純利益といいます。今年度の収益-今年度の費用=当期純利益(マイナスの時は当期純損失)収益…商品の販売代金、サービスの提供代金、預金利息、受取賃料など外部からお金が入ってくるもので、会社の財産が増加する原因となるものです。費用…売上原価(仕入)、給料、水道光熱費、事務用品費、広告宣伝費、通信費、支払利息などお金が出ていくもので、会社の財産が減少する原因となるものです。

単式簿記とは?複式簿記とは?それぞれの意味と違い、書き方

単式簿記とは、一つの取引につき一つの科目を使用して帳簿に記録していく方法をいいます。例えば、現金や預金などある特定の財産の増減する取引だけに絞って1科目だけ記録するものです。そのため一つの取引項目を把握したい場合におすすめします。複式簿記とは、財産の増加にも財産の減少にも必ずその原因があり、財産の増減という事実をその結果と原因とから捉えます。すなわち一つの取引について財産の変動と損益という2方面から着眼して、取引を「資産」「負債」「資本」「収益」「費用」のいずれかに属する勘定科目により借方と貸方に同じ金額を記録する方法で、複式簿記により簿記の目的である「(1)事業者の財産管理のために日々の経済活動による財産の変動を記録する」、「(2)一定期間の経営成績、一定期日の財政状態を明らかにし、利害関係者の意思決定に役立てる」といった目的を達成させることができます。具体的には、商品を掛けで販売した場合、「売掛金という財産の増加」という事実の認識とともに、財産の増加の原因を「売上(収益)の発生」と認識します。なお、単に簿記という場合は、複式簿記のことをいいます。また複式簿記には、商品販売やサービス提供者を対象とする商業簿記、製造業で適用される工業簿記などがあります。

簿記とは?その目的と意味・仕組みを初心者にもわかりやすく解説

簿記とは「経済活動を帳簿に記録すること」、より詳しく言うと(1)企業や個人が(2)日々の活動内容を(3)決まった単語と金額で帳簿に記録すること、をいいます。ここにいう「(1)企業や個人」とは一定の目的を持って活動する組織のことで、営利か非営利か、公共事業が私企業か、規模、業種を問いません。また「(2)日々の活動内容」とは、どのような活動を行い(現金100円で備品を購入した。商品を販売し1000円もらったなど)、その結果どのような状態になったか(朝に2000円あった現金が夜には2900円になったなど)、といったように簿記で言う活動とは金額で表せるものになります。さらに「(3)決まった単語と金額で帳簿に記録」とは、(2)で認識した活動内容を日付順(発生順)に、決まった単語(勘定科目)と金額で仕訳帳や総勘定元帳などの帳簿に記録していくことをいいます。すなわち、どれだけ稼いでどれだけ使い、どれだけ財産を持っていて、どれだけ支払わなければならないか、どれだけ蓄えがあるのかを表す仕組みです。簿記ではこれらの取引を大きく「資産」「負債」「資本」「収益」「費用」の5つに分け、その増減を記録していきます。

かいご畑 介護職専門就職・転職求人サイト。働きたい人気の求人情報満載!

日本人の平均寿命は伸び続けており、厚生労働省から「要介護認定」を受ける人の数は右肩上がりに上昇し続けていて、75歳以上になると、実に4人に1人が要介護認定を受けているのが現実です(平成27年度厚生労働省「介護保険事業状況報告」)。当然家族での介護には限界があり、さらに高齢化で要介護者数は増えることが予想されるため、多数の介護分野のプロフェッショナルがこれからの日本に必要になってきています。そのため介護分野は沢山の求人が見込まれ、働きたい人にとっては売り手市場ですが、働き方や働く場所は多岐にわたります。また、ライフスタイルや希望もさまざまで「高時給でがっつりと稼ぎたい」人もいれば、「週3日程度でパートでやりたい」、「子どもがまだ小さいから、日勤のみで」など色々な人がいます。「介護業界でキャリアアップしていきたい」という人もいるでしょう。そういう、個人のライフスタイルや希望に合わせた介護業界への就職・転職を成功させるためには、仕事探しの段階がとても重要ですが、そういったニーズを持つ人のために作られたのが階が求人専門紹介サイトの「かいご畑」です。

ライザップ(RIZAP)で英語・英会話!ライザップイングリッシュの費用・料金、評判・口コミ。効果は?

グローバル化の影響で外国人と仕事をしたり、インバウンドの増加で英語力が必要な場面が増えてきています。また企業内の公用語を英語にする企業も年々増えていることから、英語が必要な環境で働く人にとって英語力は、パソコンと同じくらいなくてはならないスキルになっています。そのような環境で英語が話せなかったらどうでしょうか。死活問題であることは明白で、会社に必要のない人間だと言われても仕方ありません。しかし日本にいながら英語力をアップさせ、しかも会話ができるレベルになるのはかなり難易度が高いです。しかも社会人となると、仕事をしながら英語の勉強時間を確保することは非常に難く、長続きせず途中で諦めてしまうケースが多々あります。

短期で稼ぐならリゾバがおすすめ!リゾート地の住み込み泊まり込みリゾートバイトの魅力

豊かな自然に恵まれている日本には、北は北海道から南は沖縄まで、スキー場、温泉、避暑地、海、離島など大自然に囲まれたリゾート地が数多くあります。リゾート地では四季折々の自然や風情、昔ながらの行事や料理、文化を味わえます。都会の喧騒から離れ、そんなリゾート地に旅し、一度は暮らしてみたいと考えたことがある人は多いと思います。そういった日本の春夏秋冬を肌で感じ、解放感に浸りつつも、お金を稼ぐことができるのがリゾートバイト(リゾバ)と呼ばれる住み込みバイト・泊まり込みバイトです。ここではリゾート地での住み込み・泊まり込みバイトの魅力をお伝えします。

はたらくどっとこむ(アプリリゾート)おすすめリゾートバイトのサービス、評判ご紹介

リゾートバイトとは、北は北海道、南は沖縄まで、日本全国にあるリゾート地のホテルや旅館、テーマパーク、スキー場などで働くアルバイトのことです。ホテルのフロントや、旅館の仲居、スキー場のリフト係、ビーチのマリンスタッフなど、多種多様で、日本、ときには世界のあちこちから訪れるさまざまなお客様を、臨機応変におもてなしします。仕事や普段の生活でお疲れのお客様の心身を、非日常空間で癒し、現実では味わえない最高の思い出をお土産にしていただくので、とてもやりがいがあるお仕事です。