エクセル一覧

初心者でも分かるExcel(エクセル)COUNTIF関数の使い方

Excel(エクセル)のCOUNTIF関数の使い方を初心者にも分かるよう解説します。ExcelのCOUNTIF関数は指定した範囲の中で1つの検索条件に一致するセルがいくつあるかを求めます。特定の文字や数字が入っているセル(空白以外のセル)や重複しているセルの個数を数えたり、逆に特定の文字や数字が入っていない空白のセルの個数を数えることができます。

Excel(エクセル)VLOOKUP関数 #N/Aエラーなぜ?#N/Aエラーになる原因解説

Excel(エクセル)のVLOOKUP関数で表示される#N/Aエラーの原因として①VLOOKUP関数の引数の参照先の中身のデータが存在しない②引数の参照しているデータが文字列になっている③引数の参照しているデータにスペースが入っている④全角半角の相違⑤引数の小数点以下や時刻の差⑥絶対参照していないが考えられます。

Excel(エクセル)VLOOKUP関数 別シートから参照コピーの使い方 範囲、列番号の設定方法

Excel(エクセル)のVLOOKUP関数の別シートから参照コピーの使い方 範囲、列番号の設定方法を解説します。VLOOKUPの使い方は前回までの「Excel VLOOKUP関数とは?初心者でも分かる使い方の基本」、「Excel VLOOKUP関数 複数条件で抽出する方法」と同じですが、今回は別シートを参照するという操作が追加されます。

Excel(エクセル)VLOOKUP関数 複数条件で抽出する方法

Excel(エクセル)のVLOOKUP関数を使って、複数条件で抽出する方法を紹介します。「VLOOKUP関数((Excel(エクセル) )とは?初心者でも分かる使い方の基本」では担当者の担当エリアや売上という単一の条件で答えを抽出していましたが、今回は”担当者”の”8月”の売上という2つの複数条件を指定して抽出します。

Excel(エクセル)VLOOKUP関数とは?初心者でも分かる使い方の基本

Excel(エクセル)関数の「 VLOOKUP 関数」の基本的な使い方から解説していきます。少し複雑なため敬遠する人も多いみたいですが、使いこなせば作業の効率を大幅に短縮できる便利な関数です。VLOOKUP関数は一言で表すと「指定した範囲の中から検索条件に一致するデータを抽出する関数」です。ここに書いてあることがわかればVLOOKUP関数の基本は理解しているといってもいいでしょう。

ピボットテーブルの使い方 Excel(エクセル)の集計、値の並び替え、集計方法、集計方法の変更、フィルタ機能、ピボットグラフの作り方の基本

Excel(エクセル)には様々な集計機能がありますが、ここではピボットテーブル機能(値の集計、並び替え、集計方法)を、使い方画像を交えてわかりやすく紹介します。ピボットテーブルを使うメリットは何といっても集計の速さです。普通にExcelで表を作って集計のための関数や計算式の入力を大幅にショートカットできます。