意外と簡単!英語でビジネスメールの書き方、英語で電話対応の話し方

はじめまして!みなさん英語学習は順調に進んでいますか?こちらでは「これから英語が必要になるんだよな」というアナタにぴったりなお役立ち英語をお届けします。オフィスや学校で「英語使えたらなぁ・・・」と思ったことがあると思います。今や、いつでもどこでも英語が飛び出てくる日常です。身のまわりの同僚や同級生も、いつの間にか英語がペラペラになっているかもしれません。とはいえ、英語の勉強なんてどこから始めたらいいのかわからないという方も多いと思います。そんな大変そうな英語学習ですが、一番大切なのは「続けること」です。続けるために何が大事かというと「難しすぎないこと」「楽しめること」「必要性を感じること」・・・まずはこちらで「意外と簡単じゃん!」を掴んで、是非楽しい英語生活をはじめていきましょう!さらに、ここでは、いろんな角度から日常で使える英語を紹介していきますので、是非お楽しみに♪今回取り上げるシーンは、英語で交わすメールや電話といった「ビジネスシーン」。まずはこうした場面に対応できると、英語に対する自信がぐっと高まります!是非今回の記事で学んで、どんどん使う機会をつくってみてください。それでは、昨今のビジネスシーンでは欠かすことの「メール」から始めていきましょう。 あなたがもし取引先や知人に英語でアポイントのメールを送らなければならないとき、どんな文面をつくりますか?まずは日本語で見てみましょう・・・

転職で成功するには?再就職に失敗しないための成功例・失敗例それぞれ

キャリアアップの為に転職を視野に入れている人もいるでしょう。しかし、行き当たりばったりで成功するほど、転職は甘いものではありません。転職に成功する人と失敗してしまう人の違いは何でしょうか?今回は転職の成功パターンと失敗パターンを徹底分析しポイントをまとめてみました。これを読めばあなたも転職を大成功させることができるでしょう。

40代50代男性の転職・再就職。正社員への知っておきたい厳しい現実と成功法

年齢を重ねた40代や50代になってから転職を希望する人もいます。しかし残念ながら、20代30代の頃と比べるとリスクがあることが事実です。年齢のハンディーキャップを越えて転職を成功させる為のポイントなどを、失敗談などを交えながらわかりやすく解説してみました。結論から言いますと、転職できないとは言い切れません。しかし、20代30代と比べれば相当に厳しい現状があります。若い人のように一から育てるのが難しい存在とみなされる為に、転職活動をしてもスムーズに採用してくれる企業が見つかるとは言い難いです。加えて日本では転職に対して後ろ向きな価値観が根付いています。かつて終身雇用制度があったように、日本においては「1つの会社に長く勤めることが良い」と考えられているのです。

男性20代、30代それぞれの転職・再就職事情、後悔しないために考えておきたいポイント

人生の節目はたくさんありますが、こと仕事に関しては20代30代というのはいろいろ思い悩む時期と思います。正社員として頑張っている人でも、このまま同じ仕事を続けていていいのかと考えますし、パートやアルバイト、派遣社員など非正規雇用の人なら、先の人生を考えて正社員への欲求は高まっているはずです。とはいえ、転職や再就職を考えている20代30代の人にとって、前へ進む勇気というのはなかなかに出せないもので、躊躇してしまうのが現状ではないでしょうか。ここでは、20代30代で転職や再就職を考える人のために、基本的な情報とポイントをお伝えしたいと思います。少しでもお役に立てれば幸いです。