支払手形記入帳の書き方、記入例~簿記3級独学講座

支払手形記入帳の書き方、記入例

手形の振り出しにより手形債務が発生した場合、支払手形が決済された場合、総勘定元帳の支払手形勘定に記入しますが、手形で支払う取引先や頻度、金額が多い場合、総勘定元帳の支払手形勘定だけでは詳しい内容が分からないため管理しきれません。
また手形は決済日までの期間が長いため、しっかり管理する必要があります。

そこで支払手形勘定の内訳明細として補助簿の支払手形記入帳を作成し、手形の種類、手形番号、取引内容、受取人、振出人、振出日、満期日、支払場所、金額、てん末などを記録します。

これにより、手形ごとの満期日や金額などをすぐに知ることができます。

ここでは、支払手形記入帳の書き方、記入例について解説します。

スポンサーリンク

支払手形記入帳の書き方、記入上の注意


(1)日付欄
手形を振り出した日付順に月日を記入します。同じページで月が同じであれば日付だけを記載します。日付が同じであれば「〃」を記入します。

なお、日付欄、振出日、満期日、以外の欄については、「〃」を使用しません。

(2)手形種類欄
約束手形または為替手形のいずれかを記載します。
「約手」や「為手」あるいは「約」、「為」など約束手形と為替手形の区別がつく書き方であれば問題ありません。

(3)手形番号欄
振り出した手形に記載された手形番号を記載します。

(4)摘要欄
相手勘定科目、また取引内容が分かる程度の簡単な内容を記載します。

(5)受取人欄
約束手形の名宛人または為替手形の指図人、すなわち手形振出し時の手形金額の受取人の名前を記載します。

(6)振出人欄
手形の作成人。すなわち手形の振出人の名前を記載します。約束手形の場合は、自分もしくは自社、為替手形の場合は、自分からみた仕入先などの名前になります。

(7)振出日欄
手形に記載された振出日をそのまま記載します。

(8)満期日欄
手形に記載された満期日をそのまま記載します。

(9)支払場所
手形に記載された支払場所をそのまま記載します。

(10)手形金額
手形に記載された金額をそのまま記載します。

(11)てん末欄
決済されていない場合は、未記入のままとし、決済された場合は、日付欄には決済された日、摘要欄には「決済」や「支払」などと記載します。

スポンサーリンク

支払手形記入帳の記入例

次の取引について仕訳をするとともに支払手形記入帳に記載してください。

4月1日 A社から商品を3,000,000円仕入れ、支払手形(手形No.20)を振り出した。(満期日:4月30日、支払場所:甲銀行)
  2日 B社から商品5,000,000円を仕入れ、掛けとした。
  3日 仕入先であるC社からZ社受取の為替手形(手形No.10)2,000,000円の引受けを呈示され、引き受けた。(振出日:3月31日、満期日:5月10日、支払場所:乙銀行)
  10日 D社から商品5,500,000円を仕入れ、掛けとした。
  30日 4月2日の仕入れ代金を手形を振り出して支払った。(満期日:6月30日、支払場所:甲銀行、手形No.21)
5月10日 4月3日に引き受けた為替手形が当座預金より引き落とされた旨の連絡を受けた。
  31日 4月10日の仕入れ代金を手形を振り出して支払った。(満期日:7月30日、支払場所:甲銀行、手形No.22)

仕訳
4月1日

(借) 仕 入 3,000,000円 (貸) 支払手形 3,000,000円

4月2日

(借) 仕 入 5,000,000円 (貸) 買掛金 5,000,000円

4月3日

(借) 買掛金 2,000,000円 (貸) 支払手形 2,000,000円

4月10日

(借) 仕 入 5,500,000円 (貸) 買掛金 5,500,000円

4月30日

(借) 買掛金 5,000,000円 (貸) 支払手形 5,000,000円

5月10日

(借) 支払手形 2,000,000円 (貸) 当座預金 2,000,000円

5月31日

(借) 買掛金 5,500,000円 (貸) 支払手形 5,500,000円


解説

    1. 支払手形記入帳には、支払手形に関連する取引だけを記載しますので、4月2日、10日の取引については何も記載されません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする