収益と費用の勘定科目一覧 簿記3級独学講座

簿記3級の収益と費用の勘定科目

簿記では企業の経営成績を明らかにするため、成果として得られたことを収益の勘定科目で、成果のために費やした努力を費用の勘定科目で記録し、これらが損益計算書に集約されて経営成績の結果である損益(収益-費用)としてあらわされます。

また、収益、費用とも主たる営業活動に関連するものと、主たる営業活動に関連しないもの、臨時的に発生するものがあります。

ここでは、簿記3級の検定試験で出題される収益と費用の勘定科目の一覧を示すとともにそれぞれの内容について解説します。

スポンサーリンク

簿記3級の収益の勘定科目一覧

主たる営業活動に関連するものと、営業活動に関連しないもの、臨時的なものに分けられます。

主たる営業活動に関連する収益の勘定科目

売上 商品の売却による対価
商品売買益 商品の売価から引き渡した商品の帳簿価額を帳簿価額を差し引いた金額
受取家賃 建物を貸した時の収益
受取地代 土地を貸した時の収益
受取手数料 手数料を受け取った時の収益

主たる営業活動に関連しない収益の勘定科目

受取利息 預金や資金の貸し付けにより受け取った利息
雑益 その他の収益。色々細かなものを計上
貸倒引当金戻入 決算整理前の貸倒引当金の額が当期の貸倒見積り額を超えるときの超過額
償却債権取立益 過年度に償却した債権の一部または全部を回収した時に計上する収益

臨時的な収益の勘定科目

固定資産売却益 有形固定資産を帳簿価額を超える金額で売却できた時の、売却価額と帳簿価額の差
スポンサーリンク

簿記3級の費用の勘定科目一覧

主たる営業活動に関連するものと、営業活動に関連しないもの、臨時的なもの、利益に関連する税金に分けられます。

主たる営業活動に関連する費用の勘定科目

仕入 購入した商品の金額
売上原価 販売により引き渡した商品の帳簿価額。「期首商品棚卸高+当期商品仕入高-期末商品棚卸高」で計算される
給料 従業員に対して支払う労働の対価
広告宣伝費 販売促進を目的とするテレビCMや新聞広告、ネット広告など広告にかかる費用
発送費 商品発送にかかる費用
法定福利費 健康保険料、厚生年金保険料、労働保険料、労災保険料などの社会保険料
支払手数料 振込手数料、仲介手数料など手数料としての費用
旅費交通費 出張旅費や通勤費などの交通費
貸倒引当金繰入 当期末にある債権のうち、来期以降に貸倒れになると見積った額のうち決算整理前の貸倒引当金の額を超えた差額
貸倒損失 当期発生した債権の貸倒額及び前期に計上した貸倒引当金を超える貸倒額
減価償却費 有形固定資産の価値の減少を費用化したもの
通信費 電話代、インターネットの回線代、切手代など通信にかかる費用
消耗品費 コピー用紙や事務用品など短期間で消耗しなくなるものの購入代金
水道光熱費 水道、電気、ガス料金
支払家賃 建物を借りた時に家主に支払う費用
支払地代 土地を借りた時に地主に支払う費用
保険料 火災保険や自動車保険、商品の運搬に掛ける保険など損害保険料に関する保険料
租税公課 固定資産税や収入印紙など利益に関連せずに発生する諸税金
修繕費 有形固定資産の現状維持や修理にかかる費用
諸会費 業界団体など様々な会に支払う費用
保管費 商品などの保管にかかる費用
雑費 主たる営業活動に関連する費用のうちその他の費用。色々細かなものを計上

主たる営業活動に関連しない費用の勘定科目

支払利息 借入した時に支払う利息
雑損 その他費用。色々細かなものを計上

臨時的な損失の勘定科目

固定資産売却損 有形固定資産を帳簿価額未満の金額で売却した時の、売却価額と帳簿価額の差

利益に関連して計上される費用の勘定科目

法人税、住民税及び事業税
(または法人税等)
課税所得に基づき計算される法人税、住民税、事業税

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする