転職で成功するには?再就職に失敗しないための成功例・失敗例それぞれ

転職・再就職を徹底分析!成功する人と失敗する人の違いやポイントをまとめて紹介!

キャリアアップの為に転職を視野に入れている人もいるでしょう。しかし、行き当たりばったりで成功するほど、転職は甘いものではありません。

転職に成功する人と失敗してしまう人の違いは何でしょうか?今回は転職の成功パターンと失敗パターンを徹底分析しポイントをまとめてみました。

これを読めばあなたも転職を大成功させることができるでしょう。

スポンサーリンク

転職に成功する人だけが知っているポイント10選

転職に成功するにはコツがあります。成功例を元に、10個のポイントを見ていきましょう。

①転職理由を明確にする

転職を希望するには何かしらの理由があります。面接でも必ず聞かれる最重要ポイントと言えるでしょう。転職理由をしっかり説明できる人は、面接で高評価を得やすいです。転職理由を明確にしましょう。

ただし、「前職に不満があった」など、マイナスの理由を正直に述べるのはNGです。企業や会社は慈善活動として転職の場を設けているわけではありません。キチンと自社に貢献してくれるやる気のある人材を求めています。マイナスな理由での転職は「この人は、採用しても同じような理由で辞めてしまうかもしれない」と企業や会社側に不安を抱かせてしまい、転職活動が難航する傾向にあります。前向きな理由付けを行っておくことが大切です。

もし、きっかけがマイナスな理由だとしても、転職活動をしようと思ったからには、何かしらのプラスの目的があるはずです。「キャリアアップをしたい」「新しくこのような経験を積みたい」「自分のスキルを活かしたい」など、自分の内なる目的を、整理しておきましょう。

『何のために転職をするのか』という目的意識が明確な人ほど、自分で目標を設定して行動できる人材と認めてもらいやすくなり、企業や会社側も目標を達成できる人材だろうと意欲を買ってくれる場合が多いです。

②退職しないで転職活動する

意外に思われるかもしれませんが、転職を成功させる人ほど前職を退職しないで転職活動をしています。一見、退職してから転職活動したほうがじっくり活動できるように思えますが、現実的には厳しいです。

生きていくには月々の生活費が必要になります。退職した場合、失業給付金が支給されますが、自己都合退職ですと3ヶ月間は受け取れません。しかも社会保険が国民健康保険と国民年金に切り替わり、容赦なく税金が引かれていきます。収入が0(ゼロ)の状態で、どんどん貯金を切り崩していくのは金銭的にも心理的にも大きな負担です。加えて転職活動が長期化するとさらに不利になる傾向があります。焦りや不安が大きくなると、苦しさから逃れるために望まない目先の企業に就職を決めてしまいがちです。

働いていれば、お金の心配をすることなく転職活動を行うことができます。例え活動が長引いても、ひとまずの生活費は確保できているのでモチベーションを維持しやすく、粘り勝ちする成功事例も多いです。退職せずに転職活動を行いましょう。

また、働きながらの転職活動だと面接に行けないのでは?と心配する方がいるかもしれませんが、事情を話せば、面接時間を調節してくれます。転職活動は、退職しないで行う方が有利と言えるでしょう。

スポンサーリンク

③転職活動に時間をかける

成功体験を分析していると、転職を成功させる人ほど、転職活動に時間をかける傾向があることがわかります。良い選択をする為には焦りは禁物です。自分が納得できる企業や会社に再就職する為にも、じっくり情報収集して比較検討しましょう。

直感で動くことも大切かもしれませんが、現代には情報が溢れています。自分が再就職を検討している会社をインターネットで検索して、口コミや評判などをチェックすることもオススメです。パンフレットを見ただけではわからない情報を入手することができます。注意点としては、最近は企業側もインターネット情報への対策に力を入れており、サクラを使ったりマイナスな意見をお金を使って削除している場合もあります。ネット情報に惑わされない為に、複数の情報をチェックしておくことが大事です。

また時間をかけて転職活動を展開することで、思わぬところから良いチャンスに巡り合うこともあります。転職活動に時間をかけることは大切なポイントです。

④譲れない条件と諦めてもよい条件を決めている

転職を決意したからには、前職より良い条件を希望することは自然なことでしょう。しかし、転職したからと言って、全てが自分の思い通りになる確率は低いです。

転職活動をする際には、給与、休日、職務内容など希望条件を明確化した上で、優先順位をつけておきましょう。譲れない条件を絞り込み、反対に諦めてもよい条件を見つけておくことがポイントです。あまり多くを求めすぎると、該当する企業や会社そのものが少なくなり、身動きが取れなくなってしまうことがあります。

成功談を検証してみると、転職成功者の中にも妥協をしている人は多いです。ただし、初期の段階で決めた譲れない条件は変えず、その上で諦めてもよい条件と上手く折り合いをつけています。

例えば、「収入は減ったけれど、週休2日の条件は満たしているから前より余裕を持って生活できている」「休日出勤はあるけれど、それに見合うだけの給与条件を満たしているからOK」など、前向きな理由付けができるなら、再就職先でも上手くやっていける可能性が高いです。

⑤採用側のニーズと合致している

採用側のニーズと合致しているかどうかをチェックすることも、転職活動の重要なポイントです。転職成功者ほど、なぜ採用者を募るのか、どのような人材を求めているのかなど採用側の分析をしっかり行っています。ニーズを捉えるのが上手く、また自分がそれにストレス少なく合わせるようにしています。

転職の成功とは、いい会社や希望の会社に再就職できることだけではありません。再就職後も自分の気持ちが満足するとともにその会社で活躍できることを含みます。採用側のニーズと合致していないとしたら、せっかく再就職できても思うような成果が出せず、苦しい思いをしてしまう場合があります。事前にニーズが合致しているかどうか確かめておくようにしましょう。

年齢が若い場合はともかく、年齢が高い人の場合は、前職とある程度関連のある業種に転職することがオススメと言えます。経験を積んでいるので企業や会社側のニーズにスムーズに応えられる可能性が高いです。未経験でも採用してくれるところもありますが、実務についていけないというケースもあります。採用された後、自分がストレス少なく活き活きと活動できるかどうかも視野に入れて転職先を選びましょう。

スポンサーリンク

⑥応募書類を使いまわさない

転職活動をする場合、1社ではなく複数の企業や会社に応募することになります。履歴書や職務経歴書をいちいち書くのは手間だと感じてしまうかもしれません。しかし、転職成功者ほど、履歴書と職務経歴書を使いまわさず、それぞれの企業に合わせてしっかり書き直しています。

他社に出した痕跡がわかる応募書類は、そもそも失礼です。また、応募企業が変われば、志望動機やアピールポイントも違ってきます。書類選考を通る確率を高める為にも、手を抜かずに応募書類を作成しましょう。

手書きに自信がないという場合は、PCで作成する方法も有効です。昨今の仕事は、大抵の場合PCスキルが必要になります。応募書類をPCで作成できれば、PCスキルがあることのアピールにもつながります。応募書類に関して手書きが有利でPC作成が不利かというと、一概には言い切れません。これは各企業の考え方や、採用担当者の好みによっても変わってきます。

手書き書類を作成する業務がある場合は、手書き応募書類の方が有利でしょうが、それ以外ならPCだからといって必ずしも不利になるとは限りません。採用担当者がPC作成を好む場合もあります。合否を決める決定打になることは少ないので、応募企業の傾向に合わせた上で、自分の行いやすい作成方法を選びましょう。一番大切なのは、中身です。

⑦入念な面接対策をしている

ポテンシャルが高くとも、自分のセールスポイントを上手く相手に伝えることができなければ、採用には至りません。面接とは、企業や会社側に自分を売り込める絶好の機会です。自分のセールスポイントを相手に伝わりやすい言葉で上手く表現できるように対策をしておきましょう。

十分に面接対策をしていれば、自信を持って挑むことができます。自分1人で練習する方法もありますが、できれば相手がいる状態で模擬面接をしておくことをオススメします。

採用を決めるのは面接をする側です。客観的に見て、セールスポイントが伝わるかどうかチェックしておくことが大切でしょう。人から見て魅力的であるように自分を見せることができれば、転職を成功させやすいです。

⑧常に自己成長する

転職活動が成功したら、終わりということはありません。新しい企業や会社で働くことになります。有意義に働く為にも、資格取得やスキルUPなど行い、常に自分を高める努力をしていることがポイントです。

自己研鑽を積んでいる人は、転職活動においても武器を持つことができます。転職活動に有利な資格やスキルほど、一朝一夕には身につきません。日頃から努力する姿勢が大切です。

同時に、足りていない部分を自覚して素直に認め前向きに克服する姿勢も必要と言えます。足りていない部分を素直に認めない場合、転職活動においても、うまくいかないことが多いです。

「面接でうまく話せなかった」「企業分析が甘かった」「質問の意図が読めなかった」など、1社と向き合う毎に反省点が見つかります。そこで、ただ落ち込んで現実から目をそらしていては転職成功は遠のいてしまいます。反省点を見つけたら、それを活かして次に挑めば良いのです。転職活動中もどんどん成長していくことで、良い企業や会社に出会いやすくなります。

スポンサーリンク

⑨SNS対策をする

昨今の傾向として、採用する側の企業や会社があなたのSNSをチェックすることはよくあります。転職活動を展開しているなら、ネガティブな発信は控えることをオススメします。

仕事の愚痴や、不採用になった企業の悪口などを、もし採用担当者が見つけたらどう思うでしょう?わからないように設定しているからと侮ってはいけません。発信するということは、見られる可能性があるということです。

有能な企業ほど、SNSなどには力を入れていますので、自分の発言に気を配りましょう。発信をそのものを控えたり、アカウントを消すなど、対策を取っておくことをオススメします。

⑩転職エージェントを活用する

転職活動はやることが多いです。自分1人で活動するよりも、プロの力を活用したほうが、うまくいく傾向があります。実際、転職成功者は、自分に合った転職エージェントを活用していることが多いです。転職エージェントを使えば、複数の企業への応募やスケジュール調整、情報収集や面接対策などを効率よく行うことができます。

また、プロしか知らないポイントを知ることも可能です。個人で活動するよりも、使える情報の量が増え、質も向上しますので、積極的に活用してみましょう。

アドバイザーがいる時は、自分に合っているかどうが慎重に選ぶことをオススメします。プロと言えど人間ですので相性があります。自分に合わないアドバイザーと無理して付き合っていると、やる気が削がれてしまって転職活動の停滞を招く恐れがあります。

優秀な転職エージェントほど、アドバイザーとの相性の重要性も理解していますので、希望すれば他の人に変えてくれるでしょう。自分の転職活動のプラスになるように、相性の良いアドバイザーの力を活かしていきましょう。

スポンサーリンク

転職・再就職にありがちな失敗例と回避方法

転職の成功率を高めるためには、失敗を回避することも必要です。ありがちな失敗例とともに回避する為の方法などをまとめてご紹介します。

1:転職目的が曖昧なまま動く

「とにかく前職がイヤだから」という理由だけで転職活動をしてしまうのは、失敗の典型例です。運良く面接まで進んでも、曖昧模糊の回答しかできず、再就職が決まらないというケースが多いと言えます。最終的に、ズルズル時間と労力を浪費しただけで何も得るものがなかったという失敗談は快挙に暇がないです。

その場合は、一旦落ち着いて、何がイヤだったのか自分に問いかけてみましょう。給与が不満だったのか、やりがいが感じられないのが苦痛だったのか、正社員でないことが辛かったのかなど、イヤな理由があるはずです。たくさんあってもまずは書き出してみてください。その中で、特に何が我慢できないのかを冷静に検証してみましょう。後は、その逆を考えれば、あなたの転職理由と優先順位がはっきりします。給与は最低どのくらい欲しいのか、どんなことにやりがいを感じるのか、どのような待遇を望むのか、など、自分の希望がわかるはずです。

自分で考えてもよくわからないという場合は、第三者に相談してみるのも良いでしょう。他人に話すことで、自分の把握していなかった条件が明らかになります。ただし、相談する人はよく選ばないと、お説教などを聞かされて余計わからなくなるケースもありますので注意しましょう。

2:無計画に転職活動する

ジョージ秋山さんの「浮浪雲」という漫画の中にこんな言葉があります。

『富士山に登ろうと心に決めた人だけが富士山に登ったんです。散歩のついでに登った人は一人もいませんよ・・・』

転職活動にも、当てはまる名言でしょう。

無計画に行動して転職活動に失敗するのはよくあるパターンです。転職活動は、長期プロジェクトと言い換えることができます。転職目的を明確にして、プランを立てて活動をしていくことが必須です。

無計画なまま動いた失敗例としては、スケジュール管理ができずにダブルブッキングしてしまい機会を逃した、転職活動の為に現在の仕事に支障をきたして重大なミスをしてしまった、転職先を決めずに退職してしまって貯金が底をつき非正規雇用で食いつなぐしか道がなくなった、などがあげられます。

転職活動は計画的に行いましょう。あなたの人生がかかっている重要な仕事と考えて、じっくりと取り組むことをオススメします。

スポンサーリンク

3:これといった資格やスキルがないのに転職活動する

採用する側とって、人を雇うことは投資です。これといった資格やスキルがない人に投資するような企業や会社はどこにもありません。新卒であったり若さがあるなら、やる気だけで就職が決まる場合もありますが、年齢を重ねてからは通用しなくなります。転職活動をする為にも、力をつけておくことが必要です。

もし、特に魅力的な資格やスキルがないという場合は、一旦転職活動を休止して、今の会社にいる内に自分の能力を高めておくことをオススメします。必要や資格やスキルをリサーチして、キチンと習得してから転職活動をする方が有利と言えるでしょう。また、その間にしっかり就業していることで、「就職したら長く働いてくれる人」という好評価ポイントを得ることができます。

一般的に、3月~4月、9月~10月にかけては、中途採用の動きが活発になるシーズンであると言われています。時期を見極めて、転職活動をする時までに、着実に力をつけておく方が、転職の成功率を高めてくれるでしょう。

4:すぐ諦める、諦めが早い

何かにつまずいたり壁にぶつかった時に、すぐに諦めてしまう人は転職を失敗する傾向があります。転職活動は、ある意味では失敗の連続です。1社応募したらすんなり決まるということは稀で、採用に至るまでに複数の企業に応募する必要があります。不採用通知を突きつけられることも多いです。他の転職希望者と競い合う中で、悔しい思いや理不尽な対応に遭遇することもあります。もしかしたら、今の会社にそのままいるよりも辛いかもしれません。そのことを理解した上で、諦めずに粘り強く活動できた人だけが、転職を成功させることができるのです。

また、諦めが早い傾向がある人は、転職を繰り返すことが多く年齢を重ねる毎に不利になるというケースもあります。転職回数に制限はありませんが、ある程度の年齢になったり、コロコロ変えていると、採用する側から良い評価を得られなくなると言えるでしょう。例え転職できたとしても、自分より年下でありながら経験が長く重要なポジションを任されている上司の下で働く可能性が高くなります。

仕事をするには、耐える能力も必要です。次が最後だというくらいの覚悟を持って転職するほうが、うまくいきやすいと言えます。

5:条件に固執する

転職条件にこだわりすぎて、結局失敗してしまうケースもあります。全部自分の思い通りにしたいと思ったら、起業するしかないでしょう。ある程度は妥協も必要です。

「以前転職活動した時は、この条件でも次が見つかった」など、過去の成功体験を理由に条件を曲げない人もいますが、状況は変化します。また多くの場合、年齢が高いほど、よっぽど魅力的なスキルがなければ転職活動は不利です。条件にも優先順位をつけ、柔軟に対応できるようにしましょう。

最低ラインを設けておくこともオススメです。最低ラインを越えていたら視野に入れると考えておくと、応募できる企業や会社の絶対数を増やすことができます。

ただし、逆に高収入や好待遇だけを目的に転職活動することはオススメできません。競争率が高いですので、合格することが至難の業となります。

また、高収入や好待遇だからといって、必ずしも自分が満足できるとは限りません。それらは一つの条件にすぎないですので、総合的に判断して、自分の納得のできる就職先を選ぶことが大切です。

高収入や好待遇であるからには、それなりの責任を背負う必要があります。自分がその条件に応えることができる力があるか、冷静に振り返ってみましょう。もし、力が足りないなら、転職が成功しても余計に苦しくなる場合もあります。

今のあなたにどんなに立派な経歴があっても、転職したらただの新入社員と変わりありません。ゼロからその会社での実績を積み上げる必要があります。再就職した先のことを考えて転職活動を行っていきましょう。

スポンサーリンク

6:転職先で貢献することを考えていない

運良く転職できたとしても、転職先で貢献することを考えていない場合ボロがでます。仕事を通して貢献する姿勢がないので、だんだん会社での自分の居場所がなくなり「こんなはずではなかった」と後悔に苛まれてしまうというタイプの失敗例もあるのです。

転職活動はあくまで通過点に過ぎません。もしあなたが採用担当者側だとしたら「とにかく転職さえできればいい」という考えの人を採用したいとは思わないでしょう。転職した先で、キャリアアップできたり、充実感を感じながら仕事をできるように、転職活動をしていく中で、自分と向き合っていくことが大切です。自分の考え方が前向きで意欲的であれば、会社や企業の側が放っておかないでしょう。

7:家族に相談せず独断で動く

まわりの理解が得られないと心理的に負担がかかります。既婚者の場合、家族に相談せずにする転職活動を開始して、せっかく決まっても理解が得られず苦境に立たされるという事例もあります。家族がいるなら、転職はあなた一人の問題ではありません。失敗しない為にも、事前に自分の思いや目的を家族に説明して、理解を得ましょう。

また、人に話すことで、客観的な意見を得ることもできます。自分が思っていたこととは違う意見を聞くことで、転職活動に対して多角的な視野を持つことが可能です。家族や身近な人が応援してくれるなら、モチベーションを維持することもでき、うまくいかない状況が続いても積極的に行動しやすくなります。転職は大事なことですので、必要な人に相談しておくことを忘れないようにしましょう。

8:リスクを考えない

転職は良いことばかりではありません。自分が慣れ親しんできた場所を離れて、新しい環境で一からスタートしていくことになります。人間関係も新しく構築する必要があり、転職前に思い描いていた理想とは違う現実に直面することもあります。転職活動が思うようにいかず、結局、以前より悪い条件の会社に就職せざるおえなくなるというケースもあるのです。転職活動を始める前に、リスクを考えましょう。

転職をするメリット・デメリットと合わせて、今の仕事を続けるメリット・デメリットも振り返ってみることがオススメです。本当にリスクをとってまで転職活動をする必要があるか、考えてみましょう。もしかしたら、転職することが最良の決断とは言えないかもしれません。また、この振り返りの時間を持つことで、転職を最良の決断にする上で必要な要素は何かを明確にできるという利点もあります。

スポンサーリンク

9:1社しか応募しない

様々な条件を検討して本命の1社を決める方法は有効です。しかし、1社だけに絞ることは失敗の元です。

一般的に、書類選考の通過率は25%程度、一次面接通過率も25%程度と言われてます。合格する確率は、決して高くないのです。複数の企業や会社に応募していたほうが、成功率は高くなります。1社だけですと、失敗した場合の衝撃も大きく、転職活動そのものに対するやる気を失ってしまいがちです。複数応募しておいて、「もしここがダメでも次がある」と考えられる方が、リラックスして面接などにも挑むことができ、結果的に上手く話が進むことがよくあります。1社に絞りすぎないようにしましょう。

10:転職エージェントを複数使わない

1社しか転職エージェントを使わなかった為に、失敗してしまうこともあります。転職エージェントにも得意なことと不得意なことがあります。大手の転職エージェントなら、たくさんの企業や会社を比較検討できますが、1人1人に対するサービスは薄くなりがちです。反対に中小規模の場合は、案件数は少なくとも手厚いサービスを提供してくれる傾向があります。それぞれの良さを活かして、効率よく活動することが大切です。

転職エージェントを複数登録することで、活動がスムーズになるだけでなく、客観的な意見をくれる心強いパートナーを多数得ることができます。転職に携わった経験が段違いに多いですので、あなたの良さを最大限表現する方法を教えてくれるでしょう。

書類対策はA社、面接ならB社、モチベーションの維持はC社など、自分の最強のサポートチームを作ることが可能です。転職エージェントが味方についていることで、自信を持って、転職活動を展開することができます。転職エージェントを使い分けないのは損です。確実に転職活動を成功させるためにも、複数の転職エージェントを使いましょう。

まとめ

転職を成功させるためには、成功のポイントを押さえ、失敗しがちなパターンを避けて活動することが肝心です。また、高確率・効率的に転職・再就職を成功させる為には、複数の転職エージェントを活用することがコツと言えます。希望の条件を満たすだけでなく、再就職後も活躍できる企業や会社を選んで、人生をより充実させていきましょう。

doda(デューダ)転職・求人エージェント⇒こちら

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする