既卒未就業者、第二新卒、新卒、帰国子女、留学経験者の正社員就活お任せ いい就職ドットコム

既卒未就業者、第二新卒、新卒、帰国子女、留学経験者の正社員就活お手伝い いい就職.com

98%。この数字をご存じですか?

大学を卒業し、そのまま就職を果たす、いわゆる新卒と呼ばれる人たちの割合です。
近年、その割合が増加しており、ついに98%と、100%近い数字となりました。

早い人は大学3年生の夏頃からインターンシップとして企業で働き始め、翌年の3月に一斉に就活サイトがオープンすると、本命の企業にエントリーします。

たくさんの企業にエントリーし、同時に複数の企業の面接に臨む。
そして、希望した企業から内定が出れば、晴れて来春から就職です。

ほとんどの人が社会人としてデビューするために通る道なのです。

一方で、残りの2%の方はどうでしょうか?

夢を追いかけるためにいったん就職を断念した人、希望する企業から内定を得られずに、大学の卒業を迎えてしまった人など。事情は様々ですが、「普通」の進路からは外れてしまった人といえるでしょう。

残念なことに、これらの人は、「大学卒業後に就職活動を行う未就業者」=「既卒者」として扱われ、改めて正社員としての就職を目指しても、企業の約半数が応募すら受け付けてくれません。

既卒者以外にも、新卒でいったんは就職を果たしたものの、3年以内に退職してしまった方は第二新卒と呼ばれ、既卒者と同様に正社員として再就職することが困難です。

他にも海外の大学を卒業し、帰国子女として日本で就職活動をする留学経験者も、一般的な新卒と同じタイミングで就活ができなかったという理由だけで留学後の就職が困難になることが多々あります。非正規の仕事ならいざ知らず、正社員であればなおさらでしょう。

本来は、個人のポテンシャルで判断されるべき就職活動が、単に他の98%の学生と違うタイミングで就職活動をしているだけで、エントリーシートも受け付けてもらえないのです。

また、これらの方が新卒向けの大手就活サイトで応募できる求人も限られています。

では、既卒未就業者、第二新卒、留学経験者・帰国子女が正社員として就職するためにはどうすれば良いのでしょうか?

ここでは、そういった方が「普通の就活」とは違う方法で正社員を目指す方法をご紹介したいと思います。

いい就職ドットコム(いい就職.com)でできること

大手の新卒向け就活サイトでは、既卒未就業者や第二新卒、帰国子女などの留学経験者の就職を目指せる企業は限られていると書きました。

これは、多くの新卒向け就活サイトが、現役大学生を対象とした就職活動に特化したサイトだからです。

では、既卒や第二新卒などの現役大学生ではない方、留学経験者・帰国子女のように日本の大学の卒業とタイミングが合わない人向けの就活サイトはあるのでしょうか?

実は、これらの「普通の就活」とは異なり、また、転職とも異なる方に特化した就活サイトがあります。いい就職ドットコムです。

既卒未就業者や第二新卒、留学経験者・帰国子女、新卒でも他の学生とは違う切り口で就職を目指している方と、そういった人材を求めている企業とをつなげるサービスを提供しています。

求人情報が調べられるだけでなく、非公開求人の紹介や、既卒・第二新卒向けの就職ガイダンス、業種・業界研究セミナーや適職検査など、正社員として就職を果たすために必要なサポートを全力で提供するまったく新しいサービスです。

5000社以上が集まる人材交流サービス

では、具体的に一般的な就活サイトと何が違うのでしょうか?

まず第一に、既卒や第二新卒、帰国子女などの留学経験者などの人材に熱い視線を送る企業に特化して求人情報を集めている点です。

新卒で就職する大学生は98%であり、半分の企業は新卒以外の、採用はしないと言いましたが、裏を返せば残りの半分の企業は新卒にこだわらず採用活動をしたいと考えています。

「経歴に関係なく意欲があれば採用したい(IT関連企業)」や、「秋から立ち上げる新規プロジェクトのメンバーを募集したい(商社)」など、新卒でなくてもやる気があれば一緒に働きたい、残る2%の人材に注目している企業は確実に存在します。

いい就職ドットコムは、そんな残る2%の人材に注目している企業とつながり、5000社を超える企業の採用情報を提供しています。

これが、たとえ新卒や第二新卒、留学後の就職であっても正社員として就職できるヒミツなのです。

充実した就職支援サービス

一方で、経験を積み、専門的なスキルを身につけてから転職する人と比べて、既卒や第二新卒、留学経験者、そして新卒は、社会人経験の上で圧倒的な差があります。

専門的な業務知識はもちろん、企業の選び方や自分のスキルを客観的に評価する力、自分の適性、目指すべきものが明確に理解できていないことが多々あるのです。

誤った選択をして再び転職活動をすることも多いのです。

いい就職ドットコムでは、既卒者や第二新卒の方など就活するすべての人が、納得のゆく就職ができるように、充実した支援サービスを提供しています。

その一つが、個別企業紹介です。
専任のアドバイザーが、非公開求人を含めてベストマッチした求人を個別に紹介します。

たとえば、大阪で物流・流通ソリューションパッケージの開発や販売を手がけるK社は、これから株式上場を予定する優良企業です。

残業が多いと言われるIT業界の中で、残業も少なく福利厚生も整った安心して働ける企業であり、これから上場に向けて動いている企業で将来性が期待されます。

しかし、これらの企業を個人で見つけることは困難ですし、さらにウェブで候補となる企業をみつけても、上場準備などの情報や従業員の生の声などの詳しい情報を知ることはできません。

いい就職ドットコムでは実際に求人企業に足を運び取材を行い、そこで得た情報を第三者の立場から求職者の方に伝えますので、様々な質問に答えられるとともに将来のキャリアプランに沿った企業を紹介してもらえ、将来性や最新の動向まで細かく教えてもらうことも可能です。

二つ目に、会社研究セミナーなどのイベントが豊富に用意されているのもいい就職ドットコムの魅力です。

一般的に現役大学生であれば、大学のキャリアセンターが、それぞれの学生のキャリアデザインに沿って企業を紹介してくれます。
同時にその企業の文化やビジョンまでキャリアセンターの担当者を通じて知ることが可能です。

しかし、既卒や第二新卒、帰国子女は、残念ながら、キャリアセンターを利用することができません。

応募したい企業の雰囲気や企業文化に不安が残っても相談する相手がいないのです。

そこで、いい就職ドットコムでは、直接、経営トップからビジョンを聞くことができるセミナーを開催。

キャリアセンターの担当者やテレビなどのメディア経由の情報ではなく、生の声として企業の最高責任者の言葉に触れる機会を提供しています。

会社説明会の後にさらに詳細説明を聞き、疑問を解決し検討したうえで選考を受けることも、また、そのまま一次選考を受けることもできます。

大学のキャリアセンターと同じ、いや、それ以上のサポートが受けられる。それが、いい就職ドットコムの会社研究セミナーです。

他にも東京をはじめ、大阪、名古屋、横浜の全国4箇所で、適性や適職を知ることができる自分発見セミナーを開催しています。

これは過去10万人以上のデータを元にした適性・適職検査JobFit-20’sを自宅で受検し、その分析結果の見方やアドバイスをじっくり聞くことができるものです。

会社研究セミナーに参加したいけど、そもそも、自分に合った業種や目指すべきものが分からない、迷いがある。そんな方は、会社研究セミナーの前に、自分発見セミナーで自分を見つめ直してみるのもいいでしょう。

いい就職をするには知識も必要

既卒や第二新卒、留学経験者を採用しないと答える企業には、ある共通した理由があります。

それは、これらの企業が「既卒や第二新卒、留学経験者は採用後に教育することが難しい」と考えていることです。

新卒であれば、採用した学生を合宿やOJTを通じて社会人としてのマナーから業務知識まで、まとめて教育することができます。
また、同じタイミングで採用された仲間は、同期として助け合い、またライバルとして相互に成長する人材に仕上げることができます。

一方で既卒や第二新卒、留学経験者は、いわば転職を目指す社会人と同じように同期がいないか少ないにも関わらず、社会人としてのマナーから教え込まなければなりません。

そこが既卒や第二新卒、留学経験者の採用を難しくする理由なのです。

面接で求められることは、ずばり、社会人としてのマナーがあるか、そして、最低限の会社に対する知識があるかどうか?です。

いい就職ドットコムでは、この点をサポートするために、就職活動マナー講座や自己アピール完璧セミナーなど、就職活動に対する知識と併せて、ビジネスマナーを学ぶための講座を無料で開講しています。

いくら、その会社に対する想いが強くても、そして、どんなに能力があったとしても、社会人としての自覚がないと判断されてしまっては面接を突破することはできません。

失敗が許されない面接で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、いい就職ドットコムの就職活動マナー講座や自己アピール完璧セミナーは、絶対に受講したいものです。

自分の希望にあった求人検索

転職を目指す方の中には、はっきりと、自分が進むべき道を決めている方もいるでしょう。

たとえば、文系の学科を卒業したが、ITエンジニアとして働きたいなど、夢はあるけれども、専門的なスキルはこれから身につけるといった場合です。

このような場合に問題になるのが、ITスキルの問題です。

IT企業の中には、即戦力の人材を求める企業も少なくありません。
万が一、このような企業に就職してしまうと、基礎知識がない状態で業務にあたらなければならず、非常に苦しい経験をしなければならないことがあります。

これは、企業の業務内容と自分の希望やスキルを十分に比較検討できなかったために起こる問題です。

いい就職ドットコムでは、専任のアドバイザーにより、自分にあった企業を提案してもらえる他、自分で積極的に就職先を探したい方でも、細かく条件設定できる求人検索を利用できます。

いい就職ドットコムの求人検索は、「既卒者」「第二新卒」「新卒」といった経歴と、希望職種、地域を絞り込んで検索することが可能です。

これだけではありません。例えば、安定した「大手・上場企業で働きたい」、「将来の起業につながる」、「たくさんの人と出会いたい」など、自分の働き方にこだわることで、さらにベストマッチした企業を探すことができるのです。

一つの例として、先ほどご紹介した「文系だけどIT業界を目指したい」方向けの求人を検索してみましょう。

応募条件を「既卒者対象」にし、職種は「SE・IT系の職種」、地域は「東京」に設定します。

さらに、こだわりを「充実した教育制度」がある企業で絞り込んでみました。

検索結果はざっと260社。非常に多くの企業が見つかりました。

たとえば、東京都台東区のシステムソリューション・ITソリューション事業O社です。
この会社は、いい就職ドットコム経由で採用された先輩がすでに5名も在籍しており、残業もすくなめ。それでいて、文系でITに対する知識がゼロでもしっかりした研修でプロを目指せる優良企業です。年収も他の同世代と同等以上。

他にも本田技研研究所やトヨタ自動車など大手の自動車メーカー向けに機械設計や電気・電子設計、ソフトウェア開発を手がけるE社など、東証一部上場企業も豊富にみつかります。

ニッチな業種から、業界大手の企業まで多種多様な求人を自分のこだわりに応じて見つけることができるのも、いい就職ドットコムならではの魅力です。

また、いい就職ドットコムの求人情報にはある特徴があります。
それは、会社の雰囲気や社内イベントの情報など、会社の雰囲気を把握しやすいこと。

写真が多用されており、どんな人たちと一緒に働くのかイメージがしやすい点です。

せっかく内定を手に入れても、会社の雰囲気がわからなければ満足できる就職はできません。

給与や勤務時間などの応募要項だけでなく、会社の雰囲気を理解して安心して就職できるのもいい就職ドットコムの求人検索の素晴らしいところなのです。

セミナーに参加しよう

ここまでいい就職ドットコムのサービスをご説明してきましたが、いかがでしょうか?

求人検索を使って自分にあった企業も見つけやすい。アドバイザーを利用して自分に代わって選んでもらうなど、さまざまな方法で企業を見つけることができます。

さらに、「IT研修自慢企業セミナー」など、求人検索をする前に、どんな研修が受けられるのか?文系でも本当にIT業界を目指せるのか?など、不安を払拭することができるセミナーも多数用意されていますからぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

他にも留学先で学んだ語学力を活かした仕事がしたい方向けの「グローバル求人セミナー」や、安定を手にしながら大きなプロジェクトに関われる上場企業に興味がある方向けの「上場企業特集セミナー」など、テーマ性たっぷりのセミナーがたくさん用意されていますから、自分にあったセミナーを選ぶと良いでしょう。

セミナーで不安を払拭して、求人検索やアドバイザーを通して応募先企業を決められれば、決して間違った選択をすることはありません。

既卒や第二新卒、帰国子女などの留学経験者、こだわりのある就職をしたい新卒でも、セミナーや適性試験、講座、アドバイザーによるサポートを通じて自分にあった会社に就職できる。それが、就職ドットコムを利用するメリットなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする