転職に成功するには?転職エージェントの利用で転職成功させるコツ、失敗しないポイントを大公開

転職に成功するには?転職成功させるコツ、失敗しないコツ、転職エージェントの100%利用方法解説

転職を成功させるためには、転職エージェントを100%活用することがポイントになります。転職エージェントは非公開求人などオープンになっていない情報を持っているためでもあるのですが、過去の転職者から個々の企業の特徴を把握しているため業種や給与などの形式的なことだけでなく転職希望者に合った企業風土かどうかも考慮してくれるからです。

転職エージェントで実際に対応するのはキャリアコンサルタントになりますので、キャリアコンサルタントとより良い関係を築くことが転職成功に繋がります。

そのため、こちらでは転職エージェントの利用の仕方だけでなく、キャリアコンサルタントをやる気にさせる方法も紹介しています。お客様思考ではなく、キャリアコンサルタントをクライアントと捉え、迅速で丁寧な対応を心がけましょう。

スポンサーリンク

転職エージェントを活用すると良いケース

特に転職エージョントを活用したほうが良いケースがあります。
・初めての転職の方
・転職のプロに相談したい方
・転職で失敗したことがある方
・面接に苦手意識がある方
・企業との調整方法が分からない方

初めて転職する場合、何をどう始めたらよいか分からないと思います。効率的に転職活動を始めるためにもまずは転職エージェントに登録しましょう。登録する転職エージェントは、大手のDODAやリクルートエージェントなどが望ましいでしょう。

非公開求人の情報が圧倒的に多いです。また、優秀なキャリアコンサルタントも揃っています。筆者も、DODAとリクルートエージェントに登録して転職活動を行なったことがありますが、非常に有益な情報を提供してくださいました。

転職のプロと相談したい方も転職エージョントの活用に向いています。転職エージョントに登録すると、まず担当のキャリアコンサルタントと1時間ほど面談をすることになります。そこで、転職の不安や疑問を相談することができます。無料で相談できる機会はなかなかありません。

転職で失敗したことのある方は今度こそ転職を成功したいですよね。失敗したことも含めてすべてキャリアコンサルタントに相談しましょう。なぜ失敗したか明確にしてくださることでしょう。転職成功事例を教えてくださいます。

転職エージェントに登録すると無料面接練習を受けることができます。転職のプロの目で的確なフィードバックをいただけますので、面接に苦手意識がある方は、苦手な面接を克服できます。

企業との調整方法が分からない方も転職エージェントに登録すると良いでしょう。転職エージェントに登録すると、担当のキャリアコンサルタントが面接の日程調整を行なってくれます。在職中の転職活動は、面接の日程調整が難しいこともあります。そんなときは、キャリアコンサルタントに相談しましょう。

スポンサーリンク

転職エージェント活用のメリット

転職エージェント活用のメリットは以下の通りです。
・面接の日程調整を代わりにしてくれる
・履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる
・非公開求人を紹介してくれる
・膨大な過去データから分析した面接対策をしてくれる
・面接で伝えきれなかったときフォローしてくれる
・年収交渉を代わりにしてくれる

前述した通り、面接の日程調整を代わりにしてくれます。応募先と直接やりとりする必要がありません。キャリアコンサルタントが調整してくれるので、手間を省くことができます。

また、履歴書や職務経歴書の添削をしてくれます。初めての転職の方や、転職で失敗したことがある方は、ぜひ活用すると良いでしょう。選考はまずは書類選考から始まります。ここをクリアしなければ、面接に進むことはできません。さらに、職務経歴書は面接における重要な書類になります。アピールできることはすべて書き込みましょう。

非公開求人を紹介してくれることも重要なポイントです。転職エージェントが保有している非公開求人は膨大にあります。転職エージェントに登録しなければ知ることができない求人情報です。転職エージェントに登録する価値はここにあるといっても過言でないところです。

膨大な過去データから分析した面接対策をしてくれることも有益です。転職エージェントは過去に応募した方のデータを蓄積しています。面接官は何名か、面接官のポジションはどのぐらいか、どのような質問がされたか、情報を知り尽くしています。キャリアコンサルタントと良い関係を築けると有益な情報を提供してくださるでしょう。

面接で伝えきれなかったときフォローしてくれるということもあります。面接が終わったあとに担当のキャリアコンサルタントに電話をします。そこで、伝えきれなかったことがあると伝えると、すぐにキャリアコンサルタントがフォローの連絡を入れてくださるようです。面接が上手くいかなかったときでもこうしたフォローがあります。

少しやりとりしにくい年収交渉を代わりにしてくれます。キャリアコンサルタントは年収交渉も慣れているので、上手く交渉してくれるでしょう。

スポンサーリンク

複数の転職エージェントに登録する

転職エージェント活用のメリットをご紹介したところで、複数の転職エージェントに登録すると良いポイントをご紹介します。下記の理由があるためです。

・キャリアコンサルタントによってアドバイス内容が異なることもある
・保有求人の種類や数が異なる

キャリアコンサルタントによってアドバイス内容は異なることもあります。セカンドオピニオンのように複数のアドバイスを伺うと良いでしょう。2、3社が適切です。

また、保有求人の種類や数が異なる場合もあります。より多くの非公開求人情報を知りたいですよね。2~3社の登録がいいでしょう。あまり多すぎると転職エージェントとの連絡が大変になってしまいます。

履歴書と職務経歴書は面談前に送付する

登録したら1時間~1時間半ほど担当キャリアコンサルタントとの面談がありますが、面談の前に事前に履歴書や職務経歴書を送付しておきましょう。

キャリアコンサルタントの方が相当忙しくない限り、事前に目を通していただけます。事前に自分のことを知っていただいたうえで面談を行なえるとスムーズに話が進みます。キャリアコンサルタントとの面談は貴重な時間です。有益に活用しましょう。

筆者も事前に履歴書と職務経歴書を添付していたのですが、その場で簡単な添削をしてくださいました。非常に助かり、より品質の高い履歴書と職務経歴書を作成することができました。

キャリアコンサルタントの活用・活かし方

経歴やスキルは嘘をつかずに正直に伝えましょう。転職回数が多い場合、少し伝えにくいかもしれませんが、転職回数の多さをポジティブに捉えることもできます。また、残業代が支払われなかったなどの理由があれば問題ありません。キャリアコンサルタントと信頼関係をきちんと築くためにも正直にすべてを伝えることが大切になってきます。

スポンサーリンク

キャリアコンサルタントとの面談ポイント

キャリアコンサルタントとの面談を行なう前に知っておきたい3つのポイントがあります。
1.目的を明確にする
2.希望をきちんと伝える
3.キャリアコンサルタントをやる気にさせる

まず、転職目的を明確にすることが大切ですが、転職するにあたっての軸をきちんと整理しておくことが必要です。きっとキャリアコンサルタントからも「転職で大切にしていることは何ですか?」と聞かれることと思います。そのときに答えられないとムダな時間を過ごしてしまうことになってしまいます。

転職において重要にしていることを3つぐらいは考えておきましょう。筆者私も転職の経験がありますが、「面接官から転職の優先順位3つを教えてください。」と言われたことがあります。

筆者の場合は、第一に業務内容、第二にワークライフバランス、第三にどんな人と働けるか、と答えていました。このように自分にとって大切な転職の軸を考えておきましょう。

次に、希望をきちんと伝えることですが、これは年収のこと、希望勤務地こと、希望業種のことすべてです。特に年収のことは少し伝えにくいかもしれませんが、自分が望む金額をそのまま伝えましょう。

最後に、キャリアコンサルタントをやる気にさせることですが、キャリアコンサルタントも感情のある人間です。仕事なのできちんとやるべきことをしてくださいますが、キャリアコンサルタントをやる気にさせると非公開求人情報をいち早く伝えてくださるかもしれません。

簡単にできることで言うと、メールは早く返信するということです。また、面接を受けた後にアンケートのようなものに答えることもありますが、丁寧に回答いたしましょう。ご紹介いただいた求人を見送る場合も理由をきちんと記載しましょう。迅速に丁寧に対応することが重要になります。

キャリアコンサルタントを最大限活用するためのポイント

キャリアコンサルタントを最大限利用するためのポイントをご紹介します。
・転職エージェントには2週間に1回くらい連絡をする
・推薦文を確認する

まず、キャリアコンサルタントとの関係を築くためにも2週間に1回くらい連絡をすると良いでしょう。連絡をとった最新の応募者がシステム上上位に表示されるとも言われています。求人を紹介するときに上位に表示されていると、紹介されるチャンスが増えます。

次に、推薦文を確認することについてですが、ほとんどの場合、担当してくださっているキャリアコンサルタントが応募者を200字〜1000字で紹介する推薦文を書いて、応募先の会社に提出しています。しかし、あまり優秀ではないキャリアコンサルタントの場合は経歴をそのまま写すだけ等ひどいケースもあります。

そこで、「面接のときに相違があると困るのと、客観的に自分を見直したいため、お手数をおかけして恐縮ですが、お書きいただいた推薦文をお送りいただけませんでしょうか。」と依頼すると良いでしょう。キャリアコンサルタントの推薦文を確認することも重要なポイントになります。

スポンサーリンク

担当のキャリアコンサルタントと合わなければ変更する

推薦文の話とも繋がりますが、キャリアコンサルタントと相性が良くなければ、担当を変えることができます。多くの転職エージェントではインターネット上で担当のキャリアコンサルタントを変更できます。

少し気まずく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、気にせずキャリアコンサルタントを変えて良いです。もし、理由を求められた場合は「○○様には大変お世話になっております。良きアドバイスもいただき、転職活動を始めることができました。しかし、最近息詰まることもあり、私が志望している○○業界に精通しているキャリアコンサルタントの方と一度お話しさせていただきたく思います。恐れ入りますが、お願いできますでしょうか。」などと答えると良いでしょう。

キャリアコンサルタントから信頼を得るために

キャリアコンサルタントから信頼を得ることは転職を進める上で重要になってきます。以下の3つは守りましょう。

1.遅くともその日中にメールの返信をする
2.面談には遅刻しない
3.丁寧にマナーを守って対応する

まず、在職中の転職だと忙しいかもしれませんが、メールは遅くともその日中に返信することを心がけましょう。もし、自分がキャリアコンサルタントの立場だと想定してみると、メールの返信が遅いと、転職する気があるのかな、と疑問に思ってしまうかもしれません。

また、返信が遅くなった場合は「返信が遅くなり申し訳ございません。」と一言添えましょう。それだけでも印象は大きく変わります。

次に、当たり前ですが面談には遅刻しないようにしましょう。どうしても、交通事情などで遅れてしまうことになったら、すぐに電話をして事情を伝え、何時ごろには到着できるか報告しましょう。交通事情が理由とは言え、無言で面談に遅刻することは非常に印象が悪いです。クライアントとの面接の場合と同じように丁寧に対応しましょう。

最後は、丁寧にマナーを守って対応することも大切です。面談中はスマホをマナーモードにしましょう。キャリアコンサルタントのことはクライアントのように思うと良いかもしれません。お客様思考はよくありません。転職をサポートしてくれるキャリアコンサルタントに敬意を払いましょう。

スポンサーリンク

最後に

転職を成功させるためのポイントをご紹介しました。

転職エージェントのメリットは、
・面接の日程調整を代わりにしてくれる
・履歴書や職務経歴書の添削をしてくれる
・非公開求人を紹介してくれる
・膨大な過去データから分析した面接対策をしてくれる
・面接で伝えきれなかったときフォローしてくれる
・年収交渉を代わりにしてくれる

複数の転職エージェントに登録すると良いポイントは、

・キャリアコンサルタントによってアドバイス内容が異なることもある
・保有求人の種類や数が異なる

でしたね。

また、キャリアコンサルタントとの面談を行なう前に知っておきたい3つのポイントは、

1.目的を明確にする
2.希望をきちんと伝える
3.キャリアコンサルタントをやる気にさせる

キャリアコンサルタントを最大限利用するためのポイントは、

・転職エージェントには2週間に1回くらい連絡をする
・推薦文を確認する

でした。

複数の転職エージェントに登録し、キャリアコンサルタントとより良い関係を築くことで転職に成功する、良い転職ができる可能性が高くなります。

以上が、転職エージェントの100%利用方法!転職成功させるコツになります。

転職エージェントを活用していただき、良き転職ができることを願っております。

転職・仕事探しならdoda(デューダ)転職・求人エージェントの詳細コチラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする