簿記の勘定科目 小口現金、定額資金前渡法(インプレストシステム)、小口現金出納帳とは?関連する取引、書き方、仕訳例~簿記3級 独学のための講座

小口現金とは?小口現金制度、定額資金前渡法(インプレストシステム)の仕組み、小口現金出納帳の書き方、仕訳例

現金は紛失や盗難のリスクがあることから、企業において現金はなるべく預金に入れるようにし、手許に置かないようにしています。

しかし、日常的に交通費や事務用品費、得意先との交際費などの支払いが発生し、その都度預金から引き出すのは時間的なロスが大きいため一定の資金は手許に置いています。

このような少額の支払いのために手許に現金を用意しておくことを小口現金制度、手元にある小口の現金を小口現金といい、小口現金出納帳で出入りを管理するとともに、「現金」勘定とは別に「小口現金」勘定を設け、小口現金に増減が発生した場合、「小口現金」勘定で処理することとしています。

スポンサーリンク

小口現金の仕組み・流れ

小口現金制度の利用の仕方は会社によって様々ですが、概ね次のような仕組み・流れになっています。

①会計担当は、一ヶ月や一週間など一定期間に利用されると予測される資金を、小口現金担当者に前渡しします。
②小口現金で支払った時、小口現金担当者は支払い内容を小口現金出納帳に記録します。
③小口現金担当者は定期的に会計担当に小口現金出納帳を渡します。
④会計担当は小口現金出納帳の内容を仕訳します。
⑤会計係は使用された小口現金を補充します。

定額資金前渡法(インプレストシステム)と随時資金補給法

小口現金の仕組・流れにおいて、定期的に会計担当に小口現金の支払い状況が報告され、その後小口現金を補充していますが、このように小口現金担当が一定期間に管理する小口現金の金額を定額とする方法を定額資金前渡法(インプレスト・システム)といいます。
定額資金前渡法(インプレスト・システム)では、小口現金の支払い額と補充金額が同額となります。

随時資金補給法は、必要に応じて随時、小口現金を補給する方法です。定額資金前渡法が小口現金管理の一般的な方法ですが、小口現金により支払が少ないような企業では随時資金補給法が用いられる場合もあります。

スポンサーリンク

小口現金取引の処理

(1)会計担当が小口現金を前渡をした時
会社は定額資金前渡制度(インプレスト・システム)を採用し、定額資金を10,000円とし、普通預金から引き出し小口現金担当へ渡した。

(借) 小口現金 10,000円 (貸) 普通預金 10,000円

(2)小口現金で支払った時
小口現金担当はタクシー代500円、切手代300円、ボールペン代100円、雑費1,000円を支払った。
仕訳なし。

小口現金担当は小口現金出納帳に記入するだけです。

(3)会計担当が支払いの報告を受けた時
会計担当者は小口現金出納帳に基づき仕訳をします。

(借) 旅費交通費 500円 (貸) 小口現金 1,900円
(借) 通信費 300円
(借) 事務用品費 100円
(借) 雑費 1,000円

(4)小口現金を補充した時
会計担当者は小口現金担当者に小切手1,900円渡し、小口現金を補充した。

(借) 小口現金 1,900円 (貸) 普通預金 1,900円

なお、補充のタイミングには月初(週初)や月末(週末)などがあります。
月初(週初)に補充したときは(4)の仕訳は月初(週初)に、月末(週末)に補充したときは月末(週末)に仕訳が行われます。

また、支払い報告と補充が同時に行われるときは、小口現金勘定を通さず次の様に処理することも認められます。

(借) 旅費交通費 500円 (貸) 当座現金 1,900円
(借) 通信費 300円
(借) 事務用品費 100円
(借) 雑費 1,000円
スポンサーリンク

小口現金出納帳の書き方

小口現金出納帳とは小口現金を管理する人が補充と支払いの明細を記録するものです。

下記の取引による小口現金出納帳の書き方と仕訳例を紹介します。
4月1日 定額資金前渡法を採用しており、1ヶ月間の現金支払いを50,000円と推測し、小口現金担当者に現金を50,000円渡した。

5日 コピー用紙代 3,500円 13日 タクシー代 500円
18日 お茶代 1,000円 24日 電車代 300円
27日 得意先との飲食代 10,000円 28日 ボールペン代 100円
30日 社員の菓子代 1,000円
30日 4月末に会計係が小口現金の支払い報告を受け、同額の現金を渡した。

報告と補充が同じ日に行われた場合

受 入 ×2年 摘 要 支払 内  訳
旅費交通費 事務用品費 会議費 接待交際費
50,000 小口現金銀を受入
5 コピー用紙代 3,500 3,500
13 タクシー代 500 500
18 お茶代 1,000 1,000
24 電車代 300 300
27 得意先との飲食代 10,000 10,000
28 ボールペン代 100 100
30 社員の菓子代 1,000 1,000  
合 計 16,400 800 3,600 2,000 10,000
16,400 30 補充受入
30 次月繰越 50,000
66,400 66,400
50,000 前月繰越

小口現金出納帳に基づく仕訳

支給時(4月1日)

(借) 小口現金 50,000円 (貸) 現金 50,000円

報告時(4月30日)

(借) 旅費交通費 800円 (貸) 小口現金 16,400円
(借) 事務用品費 3,600円
(借) 会議費 2,000円
(借) 接待交際費 10,000円

補充時(4月30日)

(借) 小口現金 16,400円 (貸) 現金 16,400円

なお、報告と補充が4月30日の同じ日に行われているので、次のような仕訳も認められます。
4月30日

(借) 旅費交通費 800円 (貸) 現金 16,400円
(借) 事務用品費 3,600円
(借) 会議費 2,000円
(借) 接待交際費 10,000円
スポンサーリンク

報告と補充が別の日に行われた場合

受 入 ×2年 摘 要 支払 内  訳
旅費交通費 事務用品費 会議費 接待交際費
50,000 小口現金を受入
5 コピー用紙代 3,500 3,500
13 タクシー代 500 500
18 お茶代 1,000 1,000
24 電車代 300 300
27 得意先との飲食代 10,000 10,000
28 ボールペン代 100 100
30 社員の菓子代 1,000 1,000  
合 計 16,400 800 3,600 2,000 10,000
30 次月繰越 33,600
50,000 50,000
33,600 前月繰越 66,400
16,400 補充受入

小口現金出納帳に基づく仕訳

支給時(4月1日)

(借) 小口現金 50,000円 (貸) 現金 50,000円

報告時(4月30日)

(借) 旅費交通費 800円 (貸) 小口現金 16,400円
(借) 事務用品費 3,600円
(借) 会議費 2,000円
(借) 接待交際費 10,000円

補充時(5月1日)

(借) 小口現金 16,400円 (貸) 現金 16,400円

なお、報告と補充が別の日に行われているので、報告時と補充時の仕訳を和停めることはできません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする