バツイチ、再婚女性との結婚・恋愛メリット・デメリット。女性の心理は?

男性から見たバツイチ、再婚女性との結婚・恋愛メリット・デメリット。女性の本音と心理

離婚が増えている現代、バツイチの人も増えていますよね。出会った女性が実はバツイチだった、という経験がある方も多いのではないでしょうか。

バツイチ、再婚女性との恋愛、結婚のメリットとデメリット、また、そんな女性の心理を探っていきましょう。これからバツイチの女性と結婚を前提とした真剣な恋愛を始めたいと思っている方も、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


バツイチ、再婚女性との結婚はハードルが高い!?

まだ結婚したことのないシングルの男性にとって、バツイチ女性と聞くと少し身構えてしまうのが正直なところだと思います。筆者は離婚経験があり、現在では再婚していますが、再婚前に出会った男性からは、少なからずその事実に驚かれた覚えがあります。もし子供もいたとしたら、もっと驚かれたかもしれません。

その一方で、中には離婚歴など全く気にしない、「色々経験があるんだ」と受け取る男性もいます。再婚した現在の夫は、私と同じようにバツイチで子供なしでしたから、初めて会ったときから意気投合したのを覚えています。やはり少なからず離婚したことによって自信をなくし、また恋愛できるのかどうか不安だった思いがあったのです。それを共感しあえるということで、距離が縮まったと思います。

バツイチ女性はハードルが高いと思うかもしれませんが、実際に出会って恋に落ちれば、あまり関係ないと思う人も多いです。

まずバツイチ女性との結婚、恋愛メリットやデメリットを知るところから始めてみましょう。想像と違って、バツイチ女性でも身構える必要はない、あるいは、バツイチ女性はやっぱりやめておこうなど、それぞれの考えが出てくると思います。

バツイチ、再婚女性との結婚・恋愛メリットとは

1、男心を理解してくれる

バツイチの女性は、一度は結婚生活の経験があります。ですから男性の本質や癖、男心をよく理解してくれる傾向にあるのです。

結婚生活では、お互いの家族の問題やお金の問題、また、そういった問題が起きた時のお互いの振る舞いや行動など、様々なことが悩みのタネになります。女性にとって夫を頼りにしたい場面でも、男性が思いの外頼りにならないと失望したり、戸惑ったりすることが多いのです。

バツイチ女性はそんな男性の一面を知っているので、何があっても動揺せず、寛容に受け止めてくれます。完璧でなくて当たり前、苦手なことは二人で協力し合っていくべきということを、身をもってすでに学んでいます。失敗したから、頼りにならないから、といって叱られるよりも、寛容に受け止めて解決策を探してくれる女性の方が、男性からしてみれば心強く、リラックスした生活を送れるのです。

2、結婚生活に夢を見すぎていない

結婚歴のない独身女性の場合、年齢に関係なく、結婚生活に自分なりの夢を描いています。休日は夫婦で出かける、一緒に料理をする、時々旅行に行くなど、「こんな結婚生活にしたい」という理想があるのです。

もちろん、新婚の最初の頃はそれも楽しく、うまくいくでしょう。けれど、結婚生活とは毎日の生活なので、ずっと続けるにはどちらかが無理しなくてはなりません。

バツイチ女性はそのへんの微妙な感覚、適度な距離を知っているので、結婚したからといって理想を押し付けることはありません。男性にもある程度の自由を与え、ストレスがたまらないように配慮してくれることもあるでしょう。

理想がない分、様々なことに柔軟性があるので、男性にとっては無理せず楽に過ごせるでしょう。

スポンサーリンク


3、自立している

バツイチの女性は、経済的にも精神的にも自立していることが多いです。一度離婚を経験して一人になっているので、いざという時の強さも持っています。

特に子供を一人で育てているシングルマザーの場合、子供を育てるためにきちんと働くことは当たり前と思っています。男性に頼るのではなく、自分でしっかり稼いで子供を育てる、という責任感があるのです。

また、男性が初婚で女性が再婚のカップルの場合、女性が男性を出世に導くとも言われています。自立した経験豊富な大人の女性だからこそ、男性をうまくサポートすることができるのです。

4、問題が起きた時の対応力がある

バツイチ女性は、何か問題が起きた時も慌てず、自分で対処できるだけの対応力を持っています。一度結婚生活を経て離婚を経験しているので、「男性に頼らず自分で解決しなければ」という意識が強いのです。

そのため何かトラブルが起こった時でも冷静に考え、解決策を考えることができます。そういった点は男性にとっても、一緒にいて安心できる要素になるでしょう。

結婚歴のない独身女性の中には、「トラブルが起きた時には男性に守ってもらうもの」と思っている人もいます。最初は守ってあげるのも可愛いかもしれませんが、ずっとそれでは男性の方が疲れてしまうのは目に見えていますので、大変な時にはどちらか一人で頑張るのではなく、二人で力を合わせる必要がある、ということをバツイチ女性は知っていることが多いのです。

5、控えめで優しい

離婚歴のあるバツイチ女性は、一度辛い経験をしています。そんな辛くて悲しい気持ちを知っているからこそ、人に優しくできる傾向にあります。離婚して大変だった時に助けてくれた人への恩や、同じように困っている人に親切にしたいという気持ちを持っているのです。

筆者の周囲の離婚経験者は、男性も女性も優しく親切な人が多いです。やはり離婚という経験を経て、人に優しくすることの大切さを学んでいるのだと思います。

バツイチ女性は、離婚したことで自分に対する自信を失っているところもあり、それが控えめな印象を与えることも多いです。自分の身の丈を分かっており、控えめで優しい魅力は、そばにいる男性を幸せな気持ちにするでしょう。

スポンサーリンク


バツイチ、再婚女性との結婚・恋愛デメリットとは

1、前の夫と比べられる可能性がある

一度結婚経験のあるバツイチの女性と恋愛、結婚するということは、どうしても前の結婚や前の夫と比べられてしまう可能性があります。 一度結婚生活を送っているので、バツイチ女性にとっては最初の結婚生活がいわゆる普通です。

新しく出会った人と結婚生活を始めても、前回の結婚生活、さらには前の夫と比べてしまいます。男性にとっては、前回の結婚生活、前の夫と比べられても困りますし、嫌な気持ちになるでしょう。

2、結婚を考えられないこともある

バツイチ女性の中には、「もう結婚なんてコリゴリ!」と思っている人もいます。 一人は寂しいし、人を好きになることはあるかもしれないけれど、そこから結婚につながるかどうかはまた別、という考えになってしまっているのです。

そのため男性にしてみれば、その女性を好きになっても、結婚はできない可能性があります。結婚願望がある男性にとっては、そんな女性とは目指すゴールが違っています。どんなに好意があったとしても、未来に向けてうまく付き合っていくのは難しいでしょう。

3、前夫との関係が気になる

バツイチ女性の中には、前の夫のとの関係が完全に終わっていない場合もあります。

手続き上のこと、子供やペットのことなど、人によって関係を切れない理由はそれぞれですが、現在の恋人としては、当然良い気持ちはしないでしょう。

バツイチ女性の方から「何もない」と説明はあったとしても、気になってしまうのが普通です。付き合い始めは前夫との関係が分からなくても、付き合ってからそのことが発覚することもあります。

バツイチ女性の前夫のことが気になる、引っかかる場合には、遠からず恋心が冷めてしまう可能性があります。

4、子供がいる場合子供が最優先

恋愛初期というのは、お互いに盛り上がってロマンチックな気持ちになるもの。けれどバツイチで子供がいる女性との恋愛の場合、常に二人きりでデートするというわけにはいきません。どうしても子供が優先のデートになるので、ロマンチックな雰囲気には少し欠けるでしょう。

けれど、子供を放って恋愛に没頭する女性もどうかというもの。女性の連れ子がまだ小さい場合には、子供も一緒の時間の中で関係を深めていくことが必須になるでしょう。

頭では分かっていてもそのことに違和感を感じ、恋愛感情を深めていくのが難しいかもしれません。

5、子連れの場合いきなり父親になる

バツイチ、子連れの女性と再婚するとなれば、シングルからいきなりその子供の父親になることになります。どんなに子供好きの男性でも、戸惑うことは多いでしょう。もともと子供好きの男性や、子供がいる環境に慣れている男性なら、すんなりと受け入れることもできるかもしれませんが、やはり自分の子供となると責任が違います。

筆者の友人で、子連れでバツイチの女性と結婚した男性がいますが、納得できるような、人間的にできた性格の人でした。世間一般の意見からしても、子連れの女性と結婚する男性は、人として成熟した寛容なタイプと思われます。

子供っぽいところがある、女性に構ってほしいという気持ちが強い男性では、なかなか難しいでしょう。自分の子供でも大変だと日々感じている筆者としては、血の繋がりなく子供を育てている人のことは、尊敬する限りです。

スポンサーリンク


バツイチ女性の心理

バツイチ女性と聞くと身構える人もいるかと思いますが、実際のバツイチ女性の心理とはどんなものなのでしょうか。バツイチで再婚している筆者の周りには、離婚歴のある女性も多いです。彼女たちの心理を知ることで、恋愛のアプローチもしやすくなるかもしれません。

1、悩みに寄り添ってくれる男性が理想

バツイチで離婚を経験している女性は、本当の悲しさ、孤独がどんなものなのかを知っています。中には「結局他人同士は分かり合えない」と恋愛から心を閉ざしている人もいるでしょう。

そんなバツイチの女性にとって必要な男性とは、悩みにそっと寄り添い、包み込んでくれるような男性です。自分からとことん追いかける恋愛も良いですが、そんな気力があるかどうか、その先に失望が待っていたらどうしようという不安が離婚を経験した女性にはあります。過去の経験を生かして前向きに、強い女性を演じていても、心の中では寂しいという思いでいっぱいなのです。

自分のことを大切に思ってくれ、辛い時にそばにいてくれる男性がいたら、それこそ理想の男性でしょう。

2、過去のことはふっきれている

離婚歴のある女性にも色々いますが、過去に何があったとしてもそれはそれ、と吹っ切れている人がほとんどです。特に、新たな恋愛に進んでいる女性にとっては、過去のことは思い出でしかありません。

ひと昔前なら、離婚したことを隠そうとする人も多かったかもしれませんが、現代ではナンセンス。むしろ離婚歴があるからこそできることを探す、仕事にする人も増えています。

新しく出会った男性にも、自分の過去は過去として受け止めてほしい、気にしないでほしいというのが本音です。

3、将来を真剣に考えてくれる男性と付き合いたい

バツイチの女性は、少なからず恋愛、男性関係において疲れている場合が多いです。

そのため、20代の若い頃のように、将来を考えずに誰かと付き合うことはしたくありません。きちんと誰かと付き合うなら、将来を見すえて真剣に交際してくれる男性と過ごしたいと思っています。

ただ遊ばれるだけ、自分が辛くなるような恋は絶対にしたくない、時間の無駄とも考えているでしょう。

そのため、アプローチしてくれた男性が本気なのかどうか、最初は少し警戒するかもしれません。きちんとした付き合いが始まったら、そこからは相手に心から尽くしたいと考えます。

最後に

バツイチの女性と恋愛、結婚するとなると、男性としては少し躊躇してしまうかもしれません。

けれど、お互いの話をして少しずつ理解し合っていけば、離婚歴があるというのはそれほど気にならないのではないでしょうか。それよりも、一緒にいる時に居心地が良い、ずっと前から一緒にいるような気がするという本能的な感覚の方が、何よりも大切なことだと思います。

ぜひバツイチということにとらわれず、その人本来の魅力にフォーカスしてみてください。あなたにぴったりと合う人であれば、バツイチというのは大きな問題ではないはずです。

婚活・恋活・再婚活マッチング「マリッシュ」/R18公式サイト⇒こちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク